質の高い管理会社で質の高い不動産経営を

>

管理会社の見極めは借りる側の視点で

財産管理を依頼するという事

賃貸物件は家賃収入という大きな役割を占める大切なものです。
そして、その土地と建物はオーナーにとっては大切な財産になります。
これを上手く活用して、安定的な収入源とすることは、管理会社の使命になります。
例えば、空室期間を少なくする工夫や、修繕やリフォームなどのアドバイスなど、一緒に「より良い賃貸物件」を作っていくパートナーになるわけです。
会社として問題なく経営ができているかはもちろん、不動産業を長く営んでいる、他のオーナーさんの評判が良いなど、チェックする点はいくつもあります。
一度信頼関係が築ければ安心してお任せすることができます。
また、いくつかの会社を比較することも大切な情報収集の機会です。
一度契約すると、変更するのはなかなか大変なケースもありますから、慎重に進めましょう。

担当者は誠実ですか

担当者がコロコロ変わったり、対応に良い印象を受けない場合は、当然やめたほうがよいでしょう。
また、何事に対しても対応が素早い担当者は、管理業に誠実であると考えられます。
特に移動の多い季節が集中する業界ですから、スピードは大切です。
良い機会を逃さない、良質な借主を集客できる担当者に長くお付き合いをお願いできるのが理想です。
個人レベルでは、日々更新される修繕やリフォームの知識を勉強しているといった、前向きな人がいいですね。
こうした担当者がいる会社は、起業自体が自己啓発の機会を持ったりと、社員教育もできていますから、やはり「人を見る」ことは大切な事です。
異動などで担当が変わっても、管理の質が落ちることはないので、選んで正解の会社でしょう。


この記事をシェアする