質の高い管理会社で質の高い不動産経営を

>

「ならでは」の情報

地元の特性や動向を把握しているか

都市部・田舎・昔からの住人が多い、学生の下宿が集まっているといった、街によって特徴が変わってきます。
そうすると、必要な部屋の条件も変わってきますよね。
若い世代であれば便利なものを求めるでしょうし、年配の入居希望者ならバリアフリーや住環境に重きを置きます。
そういった事情に詳しければ、春や秋などの異動シーズンに限らず、その土地ならではの事情があれば、ニーズに合った集客の仕方をしたりと、いろいろな手を打つことができます。
また、その土地に強いという事は、他の同業者とのネットワークを持っていたりと、情報量も豊富です。
都度都度相談できたり、アドバイスをもらえたりと、契約以外の付加価値がつくこともあります。

沿線も知っているとなお良し

私たちは住んでいる地域だけで生活するわけではありません。
大抵の場合は通勤や通学などで公共の交通手段を利用します。
それを前提として住む所を選ぶわけですから、交通や沿線の事情にも明るいと頼りになります。
乗り換えやバス、主要駅までのアクセスや所要時間など、調べればわかることですが、実際に利用してわかる情報を持っている所は、入居者の事を考えられる管理会社ですから、集客力が高くなります。
また、沿線事情を考えた戦略も打てるでしょう。
管理業だけでなく、広範囲にわたる知識やネットワークを持つところが、結局のところオーナーにとっても良い管理会社ということになります。
新しい商業施設ができた、近く別の鉄道会社との相互乗り入れがあるなど、そうした状況で土地の価値も変動しますから、情報に敏感であることも大切な要素です。


この記事をシェアする