質の高い管理会社で質の高い不動産経営を

>

どこまでお願いできるのか

全てお任せ

入居者の募集、物件の管理、家賃の対応などの全てを任せるタイプです。
部屋のトラブルなども全て管理会社が行う為、入居者からは「大家さん」の顔が見えにくい形になります。
この方法を集金管理専任媒介と言います。
オーナーとしてはとても楽ですが、当然その分のコストがかかります。
契約によっては、礼金なども管理会社に入るため、契約前によく確認が必要になります。
特に資産運用の一つとして、マンション経営するオーナーさんは、この形が多いかもしれませんね。
副業などで行っている場合は、自分で管理業務を行う事は時間的に制約がありますから、この方法を使うほうが効率的です。
オーナーには経営管理や物件管理といった責任がありますから、しっかりと対応してもらえる形にしておくことで、リスクが減るでしょう。

募集を依頼する

不動産管理会社に一番期待されるのは、入居者の集客です。
他にも「仲介業者」がありますが、オーナーとしては間接的に支払うお金が増えるので、管理会社に期待するものです。
物件の管理などは、大家さんが行う為、同じ建物に大家さんが住んでいたり、隣家にいたりと、何かと関わるかもしれません。
複数の不動産屋さんが同じ物件を取り扱う事を「一般媒介」と言います。
一方で不動産会社を限定することを「専任媒介」といいます。
一般媒介は専任媒介に比べて集客が容易ですが、専任媒介にすることで、担当者との関係がより密になります。
物件に関するあれこれに対応、管理してくれる管理会社選びは、失敗すると金銭だけでなく時間も無駄になってしまいます。
誠実な管理会社を見極めるために、しっかりと確認しましょう。


この記事をシェアする